必ず必要な外壁塗装の予算

必ず必要な外壁塗装の予算

必ず必要な外壁塗装の予算 外壁塗装は必ず行わないといけない建物のメンテナンスですが、自分は住めれば見た目にはこだわらないと意外と軽視している人も多いものです。実は外壁塗装には見た目の面よりももっと重要な役割があって、それは壁面を風雨の浸食から守る機能です。
塗装は日々外部環境にさらされていますから、建物の中でも最も劣化が激しい部分です。もし塗装がはがれたら風雨は直接外壁にダメージを与えますので、そうなると補修には塗装をするよりも何倍もの費用がかかります。
さてそんな重要な役割がある外壁塗装ですが、予算はどれほど見込んでいればいいのかは頭の痛い問題です。いろいろな業者がいて見積もりがバラバラなのも、適正な費用を分かりにくくしている点です。まずポイントとなるのは塗料の性能です。機能が優れている塗料はそれだけ高いですが、長期間持ったり遮熱性に優れていたりと利点も多いので、トータルコストは安いとも考えられます。逆に外壁塗装がとても安い業者だと安くて済む塗料を使っているはずですので、耐久力はありませんし機能的にも期待できません。ですから、同じ性能の塗料で相見積もりを取って、費用を比べるのが正しいやり方です。

条件によって変化する外壁塗装の工期

条件によって変化する外壁塗装の工期 建物を長くいい状態で使い続けるためには、定期的に適切なメンテナンスは欠かせません。その中でも特に重要なのが外壁塗装で、節約しすぎてこれを怠ると建物本体の劣化を招いてかえってトータルコストが高くなってしまう危険性があります。
それでは外壁塗装はどのくらい時間がかかる作業なのかというと、一般的な住宅の場合には1週間から2週間程度で出来上がります。ただしこの工期は、いろいろな条件で長さが変わるので要注意です。実は外壁塗装は建物の大きさではそれほど作業時間の長さに変わりは出ません。簡単に言えば場所が広くなっても、それだけ作業員を多く投入すれば工期はまったく同じで済みます。では何が違いを生むかといえば、ひとつは天候でもうひとつは工程の多寡です。天候について言えば、作業には必ず乾かすという工程が途中に入りますのでより乾きやすい気候の時期は早く終わり乾きにくい時期には長くかかります。また工程を簡素化した2度塗りや3度塗りよりも丁寧な仕上がりを目指した4度塗りの方が時間がかかるというのも、理解できるでしょう。