外壁塗装にも色々と種類があります

外壁塗装の対象が木材の場合の施工可能な方法のあれこれ

外壁塗装の対象が木材の場合の施工可能な方法のあれこれ 外壁塗装はかなり重要なメンテナンス内容です。
長い年月にわたって野ざらしの状態になるので、経年劣化は避けることができない場所になります。
外壁の状態を確認しながら、良いタイミングで外壁塗装を行うことで、住宅を長持ちさせることができますが、対象となる外壁が木材で作られている場合、塗装方法が変わることが目立ちます。
木材の外壁は木目を活かした状態で施工されていることが多いので、普通の塗料を使ってしまうと木目が無くなります。
最適な方法は古い塗膜を除去してからオイルステインを利用すること、若しくは油性塗料でクリア塗装を施すこと、油性のニス系など透明度の高い保護剤を利用することが一般的です。
住宅の所有者によっては、木目を潰してしまうことを希望する場合も想定できます。
このケースでは普通の外壁塗装で使われているウレタン塗料やシリコン塗料など、外壁用に製造された塗料を利用することで長持ちさせることができます。
結論としては木目を活かすかそうではないかで違いが生じるので、希望を明確にすることが必要です。

木材に外壁塗装をする際の注意点について。

木材に外壁塗装をする際の注意点について。 材料が樹木である木材は、切って加工されても呼吸をしています。
そのため湿気があると水分を吸収して膨張したり、乾燥していると 溜め込んだ水分を吐き出し収縮することで、湿度を調節しているのです。
そのため外壁塗装をすると塗料が表面上で固まり膜となって 雨風から保護をするのですが、この膜が木材が呼吸をして 膨張と収縮を繰り返すことで、膜にひびが入り、塗装が剥げてしまって 塗装の意味をなさない場合があります。
外壁塗装をする際にする注意として、繰り返し塗装を行い、メンテナンスを 行うことです。
そのためには塗装する材料について調べることと、 何の目的で塗装を行うのかを調べておく必要があります。
材料によっては呼吸の仕方が違うので、こまめに塗装とメンテナンスを 必要とする場合があります。
また塗料には塗ることで材料の木目を強調して 美しく見せてくれるものと、木目を消してくれるものとがあります。
用途がそれぞれ違うので、何にどれを塗るか、よく考えて塗装することが 大切です。