外壁塗装にも色々と種類があります

外壁塗装にはいくつか吹き付け方法があります

外壁塗装にはいくつか吹き付け方法があります 外壁塗装の吹き付けにはいろいろなメリットがあります。
例えば刷毛やローラーなどを使わずに、きれいに仕上げることが可能です。
複雑な模様や重厚感ある雰囲気に仕上げることができ、立体感などの多彩なデザインにアレンジすることができます。
塗膜の品質を均等することができるので、多くの膜厚をつけることができます。
補修跡などが分かりづらくなったり、仕上がりの特徴として重厚感を長く維持することが可能です。
広範囲における塗装を短時間で行うことができ、施工を速く完了することができます。
その分コストを抑えることができるので便利です。
外壁塗装に行う吹き付け工法にはいくつか種類があり、リシンやスタッコなどの仕上げ材を利用する場合は下塗り塗料を吹き付けてから、仕上げを行う流れになります。
仕上げの際、リシンの場合は細かな石を混ぜ、スタッコの場合は石灰に大理石や砂などを混ぜた物を塗料に混ぜて施工することが可能です。
表面がザラザラとした仕上がりになるでしょう。
タイルの場合は下塗り塗料を付けてから玉吹きし、ローラー塗りを併用するケースもあります。
玉吹きは立体感が出るよう作業することで、見た目がきれいになり耐久性がアップします。

吹き付けによる外壁塗装のデメリットとは?

吹き付けによる外壁塗装のデメリットとは? 外壁塗装を吹き付けで行う場合、塗料を霧状にして均等に美しく塗っていることができるのが大きな魅力です。
しかし、それに反してデメリットもあります。
まず、大量の塗料が噴き出てくるので、経験が未熟の場合色ムラができてかえって汚くなってしまうことがあることです。
同じように塗っているつもりでも、光の加減によって色ムラが出てしまうこともあります。
また色が飛び散ってしまい、塗ってはいけないところに塗料が付いてしまうこともありえます。
それを防ぐためにマスキングを行いますが、その手間に時間がかかったり、マスキングが不十分だと色が入り込んでしまうこともあります。
さらに、通常色ムラにならないように数回に分けて重ね塗りをしていきますが、その分時間がかかってしまうということもデメリットと言えるかもしれません。
しかし、吹き付けによる外壁塗装の最大のデメリットは、やはり細かな部分を塗ることが苦手であるということでしょう。
まったく塗ることができないというわけではありませんが、慎重で丁寧な作業が要求されます。
裏側に回り込んでいるような箇所も苦手です。
そのため吹き付けだけでなく、細かい部分は筆塗りも併用して行っていきます。

沖縄の外壁塗装おすすめサイト

沖縄で、外壁の塗り替え、防水塗装、コンクリート補修なら